会社概要

 

会社概要

「おいしいね。」
そんな笑顔が見たくて
私たちは農業を始めました。

株式会社JRアグリ仙台は、地域農業者と地元企業・JR東日本グループの共同出資により2017年1月27日に設立、仙台市より農業経営改善計画の認定をいただきました。地域の農業者と連携し、生産事業から加工、販売を通じ、地域ブランドとしての地位を確立して参ります。具体的には、意欲のある複数の農業者と多彩な販路、ネットワークを持つ弊社グループが一体となり「出口」を持った農業を目指すとともに、魅力的な、競争力の高いバリューチェーンを形成して継続・発展可能な「農業」を確実なものとし、地域への貢献と活性化に努めます。

「安全」で「安心」な農業をつくる。

安全で心に響く商品・サービスを提供する。
安心できる環境保全農業の拡大をめざす。

「農業を元気に」
地域農業活性化を目指す。

持続可能な産業にしていくための、人財を育成する。

最高の「おいしさ」をつくる。

「感動するおいしさ」「食べることの楽しさ」を提供する。

「夢」と「喜ぶ」をつくる。

お客様の笑顔がすべてである。作り手の思いを届ける。

『つなぐ、力。』-それは、農業から
『地域とともに』-喜びをつくること。

 今現在、美味しい農作物を食べる事が出来るのは、まさに日本の農家さんのおかげですが、そんな農家さんが生業としている農業がここ数十年、衰退の一途を辿っています。
昔から「きつい」「汚い」「かっこ悪い」と俗にいう「3K」の仕事と言われており1985年542万人だった農業者人口は、30年後の2015年は、200万人と6割が減少しております。
また平均年齢も66.3歳と高齢化が進み、新たに農業を始める若い人を増やすことが重要な課題となっております。「JRアグリ仙台」は、地域に生きる農業法人として、現在の農業の色々な課題に取組んでいくことを使命として誕生しました。
消費者のニーズに合った農産品を自社農場で生産する他、各地域のこだわりの生産品などをブランド化にしてJR東日本グループのネットワークを通じて、広く活路を見出して行きます。
地域と農業を元気にするために、私たちは邁進して参ります。

代表取締役社長 笠原 治

  • 生産事業

    営農開始時は主食用米と園芸品目(数種類)を作付け。自社直売所の販売状況等を踏まえ、ニーズに合わせた多品種栽培や新品種導入に取り組んでいく。 将来的には、地域や関係機関との調整のもと、南東北において農地を拡大。酒米や果樹の生産にも取り組んでいく。

  • 販売事業

    直売所・飲食店の運営

    自社農産物の販売及び情報発信の基幹店舗として、仙台駅南側の仙台駅屋上駐車場入口南側スペースに自社直売所、飲食店「AOYA」開設。 2年目以降、南東北において店舗を開発していく予定。

    出張販売等の取り組み

    首都圏エリア(上野駅、大宮駅等)において産直市を運営する。
    また、首都圏への地産品卸売事業も展開する。

  • 商品開発事業

    自社農産物を使用した商品開発等により農産物の価値を高め、地域一体となった1×2×3の連携体制の構築を推進する。

  • 商 号:株式会社JRアグリ仙台
  • 所在地:〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1-1-5
  • 創 立:平成29年1月27日
  • 資本金:12百万円
  • 役 員:代表取締役社長 笠原 治
    常務取締役 石川 元彦
    取締役 門傳 英慈/遠藤 耕太/(非常勤)鈴木 敏弘/(非常勤)西條 清和
    監査役 (非常勤)島児 伸次
  • 事業内容:
    農林水産物の生産、加工、貯蔵、運搬及び販売/農業生産に係る作業受委託/食料品(乳製品を含む)及び酒類の販売並びに直売所の運営/飲食店運営/観光農園の運営/卸売業/通信販売事業/地域活性化に関するコンサル事業/広告業/不動産の監視、賃貸、売買、保有、運用及び仲介/駐車場管理/その他

コンテンツ

  • JRアグリ仙台 企業情報

  • AOYAについて

  • 採用情報